息もつかさず熱弁するあの子と夕焼け武術師範は朝だけ笑う

「ラーメン」が好きという人もいれば、嫌いという人もいるだろう。なにも思わない人も。アナタにとっての「100%ジュース」はどんな感じ?

よく晴れた平日の深夜にゆっくりと

花火大会の時期だけど、しかし、住んでいる位置が、行楽地で毎週、花火が上がっているので、すでに見慣れてしまって、新鮮さも感じなくなった。
毎週、打ち上げ花火をあげているので、抗議もゴマンとあるらしい。
私の、家でも花火の音が大きくて自分の子供が怖がって涙を流している。
年に一回ならいいが、夏に、土曜日に、だらだらと花火をあげていては、うざい。
さっさと花火が上がらなくなればいいのにと思う。

雲の無い平日の午後にこっそりと
北方さんの水滸伝の人間くさく男気熱い登場人物が、オリジナルの108星になぞらえて、主要なキャラクターが108人でてくるが、敵方、政府側の登場キャラクターも人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
人物に実際の人の様な弱さが見えるのもやはり、没頭し読んでいたわけだ。
心が弱いなりに自分の目標とか未来の為に極力腐心しているのが読みふけっていて夢中になる。
読みふけっていて楽しい。
でありながら、魅了される作中人物が不幸な目にあったり、希望がやぶれていく様子も心にひびくものがあるから心ひかれる大衆小説だ。

泣きながらお喋りするあなたと濡れたTシャツ

晩酌に、アサヒビールを一人で飲むのが楽しみになっているけれど、最近はビールの後にワインも飲んでいる。
もちろん、次の日に接待のような仕事をしないときに限定されるけれど。
家族と離れて暮らしていた時に、アパートの近くでちょっといい感じの酒屋を発見して、父の日も近かったので購入したことがある。
私はかなり見栄っ張りなので「1万円くらいのプレゼント用ワインを探しています」などと話して。
家族に届けた、ワインが一万円することをついに伝えると、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他には何もいう事は、なさそうだった。
以来、そんなにワインの質にこだわらなくなった。
あー最高だと思える時間を過ごせるなら、金額や質にはこだわらない。

暑い木曜の明け方に料理を
昔よりNHK教育テレビを見ることがすごく増えた。
昔は、両親やじいちゃんが見ていたら、NHK以外の番組が見たいのにと思っていたが、このごろは、NHKを見てしまう。
かたくないものがたくさん少ないと思っていたのだけども、最近は、若者向きのものも以外と多いと思う。
そして私が、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
それ以外に、暴力的でないもの番組や娘に悪影響がものすごく少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
民放では、アンパンマンでさえものすごく攻撃的のように見える。
いつもぼこぼこにして終わりだから、私の子供も笑いながら殴るようになってしまった。

目を閉じて踊る兄さんと突風

私は以前から、素肌がさほど強くなく、すぐトラブルが起きる。
それに、ボディーソープの体に残ってしまう感じが嫌いだ。
それだと、寒い季節は非常に乾燥するので、なるべく余計な薬品が入っていない化粧水を愛用する。
愛用中の品のガッカリな点は、値段がとても高すぎるところ。

悲しそうに踊る先生と月夜
私の師匠が昨日明け方から釣りに出向いたらしいが、長時間やっても何匹かしか釣れなかったらしい。
アジゴがうじゃうじゃで、フカセ釣りがしにくかったらしい。
だけれども、しかし外道だがイノコの40cmサイズが釣れたらしいから、いいなと思う。
いつだったか、わけてもらって刺身にして食したがとても美味だった。
そんなのがあがったと話を聞いたら釣りに行きたくなるが、まだ我慢して今度だ。

雨が上がった火曜の深夜は座ったままで

盆が近くなって、「とうろう」などの行事が付近で行われている。
近くのイベント会場では、竹や木で制作されたとうろうが飾られていた。
近所のイベント会場では、夜更けには電気のライトは付けられてなくてなくて、ろうそくの光だけというのは、大変眩しかった。
竹やペットボトルに囲まれてろうそくが光っていて、癒される灯りになっていた。
繊細な灯火が周りの樹々を照らしていてめちゃめちゃ幻想的だった。

喜んで口笛を吹く兄弟と僕
一年の中で、雨の多い梅雨の時期が気に入っている。
空気は湿度が上がり出かければ濡れてしまうけれど。
その訳は、幼いころに、梅雨に見られるアジサイが可憐で、それから紫陽花が咲くのを楽しみにしている。
長崎出島にて付き合っていた、シーボルトとお瀧の紫陽花の中でのデート秘話をご存じだろうか。
オランダ人の中に紛れ込んで来日した、ドイツ人のシーボルトが、あじさいを見ながら「お瀧さんのように綺麗な花だ」と言ったそうだ。
雨の日に可憐に咲く紫陽花を見ながら何度も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
そのうち変化して、あじさいはオタクサと別の名を呼ばれるようにもなったらしい。

夢中で泳ぐ妹とアスファルトの匂い

ブームが去った今、任天堂DSに依存している。
はじめは、DS英単語に英語漬けやターゲットのソフトを使っていたのみのことだった。
だけど、電気屋さんでゲームソフトを選んでいたら他の物に気になってしまい、結局欲しくなってしまう。
ソムリエDSやクロスワード、育成ゲームなど。
便利なもので、旅の指さし会話帳も出ている。
例えば、待ち合わせなどの、暇な時間にも有効活用できそうだ。

夢中で走る姉ちゃんと冷たい雨
新人の頃、よく理解していなかったので、大きな厄介なことを誘発してしまった。
気にすることはないと言ってくれたお客さんだが、お詫びの仕方も思いつかず、悲しい顔をしてしまった。
お客さんが、エクセルシオールのラテをプレゼントと言いながらくれた。
トチって2個も頼んじゃってさ、とニコニコしながら全く違う飲み物2つ。
ノッポで痩せててとても優しい顔つきをした男性。
悪かったな、と思い出す。